Wolcome to
the World of
ANNA SUI!
vol.1

1980年に誕生したブランド「アナ・スイ」。ロックで魅惑的なムードを独自のスタイルで表現し、常に新しいコレクションを披露し続けるアナは、音楽やアート、ポップカルチャーを愛し、それらがデザインのインスピレーション源に。好きなことにはとことん興味を持ち、勉強とリサーチを欠かさないアナは、デザイナーの仕事を「世界で一番の仕事」と話す。彼女を刺激するアートピースの数々を“アナのお気に入り”から紐解いていく。

FAVORITE BOOKS お気に入りの本

美しい写真やアート作品が収録されたコーヒーテーブルブックが好きなアナ。中でも、インテリアデコレーターのロマンティックでフェミニンなRose Cummingと、ヒップなモダン二スト、David Hicksの作品集は特にお気に入り。その他、古代のローマを描く19世紀のペインター、Lawrence Alma-Tadema、素晴らしいモダンニスト彫刻家、Alxander Ligerman、イタリアのソーシャライトのMarella Agnelliの本も好きで読んでいるそう。ちなみに今、アナが読んでるのは、大親友でもあるDuncan Hannahの『Twentieth-Century Boy;Notebooks of the seventies by dandy painter』。

FAVORITE MUSEUMS お気に入りの美術館

アナが住むニューヨークには、メトロポリタン美術館(MET)など、素晴らしい美術館がたくさんある。アナにとって美術館は至福の場所。幼少期にデトロイトの美術館で見たDiego Rivraの作品を今でも覚えている。また、旅行好きのアナには、世界中にお気に入りの美術館がある。ワシントンDCの「Freer Gallery OF Art」のJohn Singer Sargentのピーコックルーム、Frederic Leightonの邸宅が博物館となった「London's Leighton House」、デコラティブアートが集結したブダペストの「Museum Of Applied Arts」、ロンドンの「The Victoria and Albert Museum」、ドイツ・オーストリアのアートを展示した「The Neue Galerie」がお気に入り!

FAVORITE CURRENT BANDS お気に入りのバンド

アナは、デザインを始めた頃から、ロックスターやコンサート会場に行く人たちが着るウエアをイメージしながらデザインを続けている。アナとって音楽は一番の影響源。今は、ネオサイケデリックバンドに夢中なのだとか。中でも、イギリス出身の4人組バンド・Templesは、ルックスが良くて、楽曲もお気に入り。『Keep In The Dark』をよく聴いているそう。

アナのスタイルアイコンたち

アナには、常に注目しているスタイルアイコンたちがいる。ランベンダー色の瞳が魅力的なElizabeth Taylorは、アナにとってグラマラスなムービースターの代表だった。サイレントムービー時代の中国系アメリカ人女優Anna May Wongは、彼女のシグネチャーである前髪を二つに分けたヘアスタイルが大好きだった。クールなロックガールスタイルを持つAnita Pallenbergは、そのルックとスピリットからインスピレーションを受け、いつも彼女を想像しながらデザインをしているそう。サンローランのミューズのLouLou De La Flaise、イタリアンモデル女優のMarisa Borenson、そして、ミニーマウスやベティ・ブープ、チャイナドールもアナにとってお気に入りのスタイルアイコンたちなのだ。