BIOGRAPHY

PROFILE

アナ スイのコレクションはファッションの世界で他に類をみないクリエーティブな旅へと貴女を連れて行く。
ビンテージなスタイルと、今、自分が疑っているカルチャーをミックスしながら、いとも簡単にヒップで元気な個性的な服を作る。
アナのインスピレーションがビクトリアン・カーボーイであれ、ウォーホールのスーパースター達であれ、フィンランドのテキスタイルであれ、彼女のカルチャーへの造詣は明らかである。
”何かに興味を持つと、そのことについて全てを知りたくなるの。”とアナは語る。
”背景にあること等を調べる、そのプロセスがとても楽しいの。”
アナの常なる新しいアイデアと挑戦を求める姿勢が、彼女が常に時代の先端にいる理由だ。
限りないエネルギーとクリエーティブな創意工夫で、彼女のショーは常にニューヨーク・ファッション・ウィークのハイライトとなる。

アナ スイのキャリアは典型的なアメリカのサクセス・ストーリーだ。
”それがどんなに常識からかけ離れていても、夢を追い続けなければならないの。夢を追わずして、私のようなデトロイト郊外出身の女の子がどうやってニューヨークで成功できるのでしょうか?それが私の夢だったのです。”
今日、アナ スイは32のブティックを5カ国で展開し、彼女のコレクションは30カ国以上300店舗以上で販売されている。
アナはいまでも小さい頃と同じファッションへの情熱を保ち続けている。
4歳の時、デザイナーになると決め、自分の服をデザインし始めた。
彼女はファッションの技術を学ぶに当たって臨んだ真剣なアプローチと、同じ服を1年間で2度と着ないなどの変わった考え方を取り混ぜた。
”私は完全に憑かれたようになっていたの。両親が良く我慢してくれたと思うわ。”とアナは言う。
アナは高校卒業前にパーソンズデザイン学校に合格した。
パーソンズに2年いた後、友達のスティーブン・マイゼルとスタイリストをし、何社かのスポーツウェア会社のデザイナーとして働き、1980年に最初のコレクションを発表した。

アナ スイのビジネスは1980年代に成長し続け、彼女の最初のランウェイ・ショーを1991年に行った。
その次の年にソーホーのグリーンストリートに最初のフラッグシップ・ストアをオープンした。
黒いビクトリア風の家具、紫の壁、張り子の人形の頭、ロックンロールのポスターの力強いミックスがアナ本人のインテリア・デコレーションの趣味を反映し、彼女の全てのショップの手本となっている。
1990年代はアナ スイにとって、目覚ましい発展の時となった。
極東におけるビジネス拡大が大成功し、瞬く間に熱烈なファンを獲得した。
アナ スイはまた、化粧品、フレグランス、靴、小物などのライセンスも始めた。
これらの商品一つ一つに彼女の細部へのこだわりが現れており、彼女の世界と密接に結びついている。
アナ スイを象徴する化粧品パッケージや香水瓶のデザインはコレクターズ・アイテムとなっている。

アナは、自分を感動させるものに忠実であるということは有名だ。
彼女のロックンロールへの傾倒は彼女の服をロックンロール・スーパースターにピッタリのものにするし、人々は毎シーズン、彼女のショーのサウンドトラックに期待する。
彼女は買い物好きのおかげで全ての都市のショッピングについては権威であり、彼女のインテリア・デザイン好きは、彼女をして、ニューヨークの物凄く格好良いアパートを作るに至った。
自身のインスピレーションを追いかけながら、アナ自身がインスピレーションを与え続ける。
彼女は自分の夢を追い続ける。

MESSAGE FROM ANNA SUI